アウディ PB18 eトロン・コンセプト発表へ 電動スーパーカー

公開 : 2018.07.31 16:10

アウディはPB18 eトロンと呼ばれるコンセプトスーパーカーを、ペブルビーチで発表するようです。それにさきがけ、1枚のプレビュー画像が公開されました。ル・マンで活躍したR18や、市販型eトロンとのデザイン上の共通点も確認できます。

ル・マン優勝のR18 eトロンとの共通点も

アウディが、EVスーパーカーのPB18 eトロン・コンセプトを8月23日のペブルビーチ・オートモーティブ・ウィークで発表する。

同社はこのコンセプトカーの画像を1枚だけ公開した。アウディは「未来のピュアスポーツカーのデザインスタディ」と呼んでいる。この2シータースポーツカーは、マリブにある新しいデザインロフトで設計されるものだ。

アウディはこのクルマの詳細について口を閉ざしているものの、ル・マンで優勝したR18 eトロンとの類似点があるほか、R8の後継車にも使われる電動化技術が用いられているようだ。

この画像からはPB18 eトロンのワイド&ローなプロポーションのほか、特徴的なLEDヘッドライトと上部にマウントされたリアビューカメラが確認できる。これらは9月17日に発表される市販仕様のeトロンとも同様だ。

PB18という名称はペブルビーチの略称とル・マンで2012年と2014年に優勝したR18 eトロンを組み合わせたもの。このコンセプトカーはクウェイルのイベントで展示される前に、ラグナ・セカで公開される。

今年ペブルビーチで発表予定の電動コンセプトカーはこれで2台目だ。メルセデス・ベンツもシルバー・アローへのオマージュとしたEVの発表を予定している。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事