長期テスト BMW M5(最終回) スーパーカーの速さと高級サルーンの快適性

公開 : 2019.11.30 18:50  更新 : 2019.12.01 10:05

マクラーレンと同じリアタイヤのサイズ

7495ポンド(104万円)のカーボンセラミック・ブレーキは、砂利が挟まってしまったような悲鳴を聞かないために、時々準備運動を要する。思いっきりブレーキを強く効かせる必要がある。

後輪駆動モードで楽しみすぎると、当然ながら76.3kg-mという太いトルクでリアタイヤを消耗させてしまう。交換には400ポンド(5万6000円)ほどが必要になることは、いい勉強代だった。

BMW M5(F90)
BMW M5(F90)

BMWはピレリと協力して、M5の専用タイヤを履かせている。残り溝がなくなって、馴染みのタイヤショップに電話をしたところ、M5に合うPゼロもすぐに手配できると話してくれた。以前、キア・スティンガー用のタイヤを1時間で調達できたこともあり、疑わなかった。

しかし実際はちょっと違っていた。マクラーレンとBMW M5は同じサイズのタイヤを履いているが、M5のものにはサイドウォールに星のマークが記してある。結局ピレリから直接注文する必要があった。

タイヤの入荷までに数日を要した。フロントタイヤは2万4000kmを走ってもまだまだ使える状態なのだから、賢い運転は重要ということでもある。

他に目立った問題はなし。燃料ポンプのソフトウェア更新のリコールに対応くらいだ。実際に、その不具合が出たM5を私は知っている。ディーラーはテスト中にクルマを引き戻してソフトウエアを書き換えた。ハード的には変更はない。もし初期のF90型M5をお持ちで、ディーラーでの対応を受けていないなら、確認した方が良いだろう。

M5と同じことをこなせるクルマは少ない

長距離ドライブも快適なM5を止めるのは、給油の時くらい。燃費は平均で8.1km/Lで、560km位は無給油で走行できる。穏やかに高速道路を走らせれば燃費は9.9km/Lにまで伸び、600kmほどに距離は伸ばせる。

4.4LのV8ツインターボ・エンジンは、特にパワーを求めずとも、本物のエグゼクティブカーのように上質。M5と同じことをこなせるクルマは、ほかに殆ど見当たらない。

BMW M5(F90)
BMW M5(F90)

セカンド・オピニオ

BMW M5に別れを告げるのは残念。なんと印象的で多彩なクルマだったのだろう。高速巡航は快適で、郊外のチャレンジングな道では最高のマシンになった。

低速域での乗り心地は良くなかったが、大部分はとても快適だった。濡れた路面でも、0-96km/h加速は3.3秒を叩き出した。(サイモン・デイビス)

おすすめ記事

 
最新試乗記