【期待できる正常進化】アウディS3プロトタイプ 試乗 エンジンは不変の2.0L 310ps

公開 : 2020.02.09 10:20

アウディが開発を進める、プレミアム高性能ハッチバックのS3。ストロングポイントは、これまでのアウディ通りですが、明確な進化と呼べる内容に仕上がるでしょうか。ポルトガル領の離島で、プロトタイプに試乗しました。

迫るジュネーブ・モーターショーでの発表

text:Rachel Burgess(レイチェル・バージェス)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
成功の方程式というものがある。それは、プレミアムを作る時にも存在すると思う。快適性と高級さ、実用性の最適な掛け合わせという意味で。

フォルクスワーゲン・ゴルフ以上のプレミアムが欲しいなら、その答えはアウディA3といえる。新しい8代目ゴルフが発表となり、同じプラットフォームを持つセアト・レオンの姿も目にするようになったが、アウディA3は沈黙のままだった。

アウディS3プロトタイプ
アウディS3プロトタイプ

そんなアウディA3に動きがあった。一番初めに現れたのは、ホットハッチと呼ばれるクルマ。場所は大西洋に浮かぶ、ポルトガル領のアゾレス諸島。試乗するのは、最新のS3プロトタイプだ。

3代目となる現行型は登場から年数が経過しているものの、今も一定の人気を保っている。新しくなったBMW 1シリーズメルセデス・ベンツAクラスと比較しても、ドライビングの質や販売台数で、大きな差は開けられていない。

新しい4代目のA3は、EVのeトロンに属するモデル開発に伴い、遅れていたようだ。数週間後に迫ったスイス・ジュネーブ・モーターショーで発表される予定となっている。アウディとしては、互角に戦ってきたドイツ製ライバルに対し、新型で差をつけたいと考えているだろう。

新しいA3は、2022年までに11種類のバリエーションが提供されると考えられる。若いビジネスマンや中国市場に適したA3サルーンや、5ドアのハッチバックは登場するが、2017年まで存在した3ドアのハッチバックはない。今回試乗するのは、その中の1つ、S3となる。

プラットフォームもエンジンも先代を継承

高性能モデルをイメージリーダーとする戦略は、現代のコンパクトカーでは常套手段。アウディA3も例外ではない。少なくとも、アゾレス・ラリーというラリーステージもあるから、クワトロを装備するS3にとって、アゾレス諸島の選択は良いように思える。

20年前に初代S3が登場した時、プレミハム・ホットハッチという市場を上手に引っ張った。プジョー306GTiやルノー・クリオ・ウィリアムズなど、ホットハッチ人気が今より高く、多くのブランドがしのぎを削っていた頃だ。

アウディS3プロトタイプ
アウディS3プロトタイプ

それ以降、多くのプレミハム・ブランドが追従している。もちろんフォルクスワーゲン・グループ内には強力なゴルフRという存在もあるが、BMW M135iやメルセデス・ベンツA35など、競争は激しい。さらにヒュンダイi30Nといった新参者も現れた。

スペックを見る限り、新しいS3は現行モデルに近い。同じMQBプラットフォームを用い、ゴルフRと同じ2.0Lの4気筒ガソリン・ターボエンジンを搭載する。最高出力は310psで最大トルクは40.7kg-mだ。

高性能モデルの場合、モデルチェンジの度にパワーアップするものだが、アウディは違う。他メーカーと同様に、環境規制対策に対応させながらパワーを維持すること自体が、難しい課題となっているのだろう。

試乗したのはプロトタイプで、0-100km/hなどの性能に関する数字は明らかになっていない。だが、おそらく現行の4.7秒を短くすることは難しい。

ステアリングホイールを握ると、S3らしさを感じる。ホットハッチとして並み以上の、充分な直線加速性能。馬鹿げていると感じるほどではない、バランスにある。RS3が登場すれば、それ以上の部分は補完してくれるはず。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×