【これ1台で、ジェームズ・ボンドに】ミニ・リマスタード、007劇中車に変身 ロータス・エスプリ仕様が登場

公開 : 2020.03.06 16:54

初代ミニを現代に蘇らせる「ミニ・リマスタード」。007劇中車のロータス・エスプリの姿にした特別仕様が登場。誰がオーダーしたのでしょう?

ユア・アイズ・オンリーのエスプリ

英国・シルバーストンに拠点を置くデイビッド・ブラウン社は、クラシック・ミニを新車のようにレストモッドして販売することで有名だ。

「ミニ・リマスタード」というピカピカの初代ミニを、メディアで目にしたことがある人も多いだろう。

ミニ・リマスタード 007のロータス・エスプリ仕様
ミニ・リマスタード 007のロータス・エスプリ仕様

ここでご紹介するのは、そのミニ・リマスタードを、さらに特別にアレンジした1台。モチーフは007の劇中車である。

ーー「007 ユア・アイズ・オンリー(1981年)」のロータス・エスプリのようにしてくれーー

そんなオーダーでもあったのだろうか。今回の個体は、マルーンとコッパーのカラースキームを用いている。

サイドデカールも再現

ボディサイドのストライプも再現され、「turbo」のエンブレムも現代的に蘇らせた。

BBS風にレプリカされた13インチ・ホイールは、入り組んだスポークが美しい。その隙間から、黒にペイントされたブレーキキャリパーも顔をのぞかせている。

007 ユア・アイズ・オンリー(1981年)のロータス・エスプリ
007 ユア・アイズ・オンリー(1981年)のロータス・エスプリ

デカールはターボを謳っているが、ボンネットの下に潜むのは、初代ミニと同じ自然吸気のAシリーズ・エンジンそのもの。それを1330ccまでボアアップし、最高出力は83psを得るに至った。

駆動力は5速マニュアル・ミッションを介して、前輪に届けられる。

007仕様のミニ 内装

内装は、ホワイトのレザーで誂えた。ダッシュボードはウッドのパネルでアレンジし、ステアリング・リムの木目とマッチさせた。

「ミニ・リマスタード」には“標準”装備となるスミスのメーター、7インチのインフォテインメント・タッチスクリーン(スマートフォン接続に対応)、6スピーカー・サウンドシステムも搭載されている。

ミニ・リマスタード 007のロータス・エスプリ仕様の内装
ミニ・リマスタード 007のロータス・エスプリ仕様の内装

サイモン・コーウェルがオーダー?

この1台。一説にはイギリスのオーディション番組で名物審査員となっている音楽プロデューサー、サイモン・コーウェルが買ったものと言われている。

デイビッド・ブラウン社はカスタマーの名前を明らかにしていないが、同社のリリース画像にはコーウェルの姿が写っているのだ。膨大な数の彼のカーコレクションに加わることになるのだろう。

ミニ・リマスタード 007のロータス・エスプリ仕様
ミニ・リマスタード 007のロータス・エスプリ仕様

今回の特別仕様の価格は明示されていない。しかし、ミニ・リマスタードの標準価格が9万ポンド(1235万円)であるから、それを超える値付けになっているはずだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×