【サーキットパック登場】トヨタGRヤリス 2モデル 英国価格は413万円/460万円〜 11月納車開始

公開 : 2020.03.06 11:50  更新 : 2021.02.20 18:54

新型トヨタGRヤリスが、今年後半に英国でも発売されるそうです。エントリーモデルと、アップグレードされたサーキットパックの2モデルが提供され、販売価格は邦貨にしてそれぞれ413万円と460万円からとなっています。

もくじ

今年後半に英国へ
GRスポーツカーの詳細

今年後半に英国へ

text:James Attwood(ジェームズ・アトウッド)

GRスポーツカーラインの2番目のモデルであるトヨタGRヤリスが、今年後半に英国で発売されることが明らかになった。

260psを発揮する新しいホットハッチは、次世代のヤリスWRC(ワールド・ラリー・チーム)の開発を支援するためのホモロゲーションモデルとして、日本のトヨタ・ガズー・レーシングによって開発された。

トヨタ GRヤリス
トヨタ GRヤリス

トヨタのWRCプログラムを運営するTMR(トミ・マキネン・レーシング)は、このモデルの開発に大きく貢献している。

今回提供される2つの仕様の価格は、エントリーレベルは2万9995ポンド(413万円)から、アップグレードされたGRヤリス・サーキットパックは3万3495ポンド(460万円)からとなっている。

英国向けの詳しい仕様は、まだ明らかになっていないが、今年後半にオーダー受付が開始され、最初の納車は11月に予定されている。

GRヤリスは、GRスープラに続いて、トヨタの成長するパフォーマンスラインナップに加わる。

GRスポーツカーの詳細

ガズー・レーシングのトップ、友山茂樹は、「GRヤリスは、トヨタTNGAのアーキテクチャーの4WDバージョンをベースに構築されており、GA-B小型車プラットフォームのフロントエンド(新型ヤリスに採用)と、カローラのGA-Cプラットフォームのリアを組み合せます」と述べている。

標準ヤリスとは完全に異なるボディを備えており、低いルーフ、3ドア、空力性能の向上のために大幅に変更されたボディワークを備えている。

トヨタ GRヤリス
トヨタ GRヤリス

GRヤリスは、全長3995mm、全幅1805mm、ホイールベースが2558mm、フロントトラックは1530mm、リアトラックは1560mmとなっている。

車量を減らすためにカーボンファイバーポリマーと、アルミニウムを広範囲に使用しており、リヤに専用のダブルウィッシュボーンを採用、トレッドは通常よりワイドになっている。車重は1280kg。

詳しい技術情報は公開されていないが、トヨタは、1.6L 3気筒ターボエンジンが、最高出力260psと最大トルク37kg-mを生成すると述べている。

エンジンは、6速インテリジェント・マニュアル・トランスミッション(IMT)と組み合わされ、トヨタの新しいフルタイム4WDシステム「GR-Four」によって、四輪にパワーが提供される。

4つのホイールすべての出力を変えることができる、多板クラッチを使用し、リアにバイアスをかけたものを含む、3つのトルク配分が設定されている。

4ポットキャリパーを装備した、356mmフロントディスクブレーキを採用し、18インチホイールとダンロップ・スポーツマックスタイヤを装着する。

オプションのサーキットパックには、粘着性の高いミシュラン・パイロットスポーツ4ラバーが付属し、両方の車軸とチューニングされたサスペンションに、トルセン・リミテッドスリップデファレンシャルが装備される。

日本での受注はすでに開始されており、最初は限定版RZ「First Edition」とRZ「High-performance・First Edition」の2つのグレードが提供される。

GRヤリスは、元町にあるガズー・レーシング専用工場で生産される。

関連テーマ

 

人気記事