【先行予約を開始】ダイハツ・タフト(TAFT) 新型軽クロスオーバー、6月発売へ

公開 : 2020.04.01 14:01  更新 : 2020.04.01 14:04

ダイハツが、新型タフト(TAFT)の先行予約を開始しました。「軽」のクロスオーバーとして、スズキ・ハスラーと市場を争います。6月発売へ。

6月発売の公式情報

ダイハツ、は、新型軽クロスオーバー「タフト(TAFT)」の先行予約を開始したと発表した。

コンセプトカーを年初の東京オートサロン2020に出展し話題を得たモデルで、年央の販売開始をアナウンスしていた。

タフト(レイクブルーメタリック:メッキパック非装着)
タフト(レイクブルーメタリック:メッキパック非装着)

今回の先行予約の開始にあわせて、発売時期が今年6月に予定されていることも正式に発表された。

「タフト」は、DNGAモデルの第3弾となり、日常にもレジャーにも使える軽乗用車とSUVをクロスオーバーさせたタイプ。開放感のあるガラスルーフや、フラットで使い勝手の良い荷室空間というアイテムが特徴だ。

内装に、大画面スクリーン?

コンセプトカーではダッシュボードの中央に、フローティング・タイプの大画面インフォテインメント・スクリーンを確認できた。画面にさまざまな項目が映し出されており、各種設定はこの画面で行うと考えられる。

センターコンソール周辺はハードボタンを少なくして、クリーンな見た目に仕上げられていた。

タフト・コンセプトの内装
タフト・コンセプトの内装

車名は、コンセプトである“Tough&Almighty Fun Tool”の頭文字を取ったもの。

先行予約および「タフト」に関する情報は、ダイハツ公式ウェブページのスペシャルサイトに順次公開していくという。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事