【4か月記録更新中】ダイハツ・ロッキーの生産工場も、稼働停止へ

2020.03.31

サマリー

販売が好調なダイハツ・ロッキー。久しぶりの登録車とあって、ダイハツの記録を更新していました。しかし、工場が稼働停止へ。

もくじ

滋賀(竜王)第2工場が対象
タント、ムーヴ・キャンバスも生産

滋賀(竜王)第2工場が対象

ダイハツは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、滋賀(竜王)第2工場の稼働を、4月13日月曜~21日火曜まで、7稼働日にわたり停止すると発表した。

これは、一部の海外調達部品の納入に影響が出ることが見込まれるための措置だという。

ダイハツの小型SUV「ロッキー」
ダイハツの小型SUV「ロッキー」

同社が30日に発表した2月の登録車の販売台数は6212台。前年比47.8%ものアップで、2月として当月最高を記録している。

この数字は、ダイハツにとって久しぶりの新しい登録車である小型SUV「ロッキー」の高い人気によるところが大きい。月販目標台数は2000台とされていたが、ロッキーだけで同月に3411台を販売しているのだ。

タント、ムーヴ・キャンバスも生産

ロッキーが発売された昨年の11月5日以降、ダイハツの登録車の販売実績は11月、12月、1月、2月と4か月連続で当月最高を記録し続けている。

これまで竜王工場で製造していたモデルを他工場に移管するなどして、ロッキーの生産に力を入れて、納期は2か月程度に抑えていた。

ロッキーのシートアレンジ(ハーフ・ラゲージモード)
ロッキーのシートアレンジ(ハーフ・ラゲージモード)

その竜王工場の稼働停止が発表されたことで、ロッキー/トヨタ・ライズ、タント、ムーヴ・キャンバスの生産に影響がでることが分かった。

同社は、その他の工場について現時点では稼働予定としているが、状況を見極めたうえで改めて判断するとしている。

 
最新海外ニュース

人気記事