【価格帯/サイズ/いつ発売?】日産アリア 新型EVの内装/航続距離が発表 プロパイロット2.0/ハローニッサンで音声認識

公開 : 2020.07.15 14:24  更新 : 2020.07.15 15:06

日産アリア シャシー&パワートレイン

アリアのプラットフォームには、前述のように新開発のEV専用のものが採用されている。

電動パワートレインも新開発で、2種類のバッテリーサイズと2種類の駆動方式をラインナップした。

日産アリアの後席内装。
日産アリアの後席内装。

65kWhバッテリーは通勤・買い物などの日常使いから、週末のドライブにも十分な航続距離(2WD:最大450km、4WD:430km)を実現。

90kWhバッテリーは、2WDなら最大610km、4WDなら最大580kmの航続距離を誇るから、よりロングドライブを楽しみたい人に向いている。

駆動方式は、2WD(FF)と、e-4ORCE(eフォース)と呼ばれる2モーターの4WDを設定た。eフォースでは前後のモーターと四輪のブレーキを繊細にコントロールし、プレミアムスポーツカーを凌ぐような運動性能をもたらす。

このうち、90kWhバッテリー搭載のeフォース・モデルについては、ハンズオフを可能とする「プロパイロット2.0」も標準搭載した。

なおアリアは、リーフ同様のeペダルも搭載し、アクセルペダルの踏み加減を調整するだけで発進・加速はもとより減速もコントロールできる。

充電方式は、普通/急速充電の両方に対応。最大130kWの急速充電を実現するとともに、バッテリーの温度を一定に保つ水冷式の温度調節システムを搭載。30分の急速充電で最大375km分をチャージできる。