【価格帯/サイズ/いつ発売?】日産アリア 新型EVの内装/航続距離が発表 プロパイロット2.0/ハローニッサンで音声認識

公開 : 2020.07.15 14:24  更新 : 2020.07.15 15:06

日産アリア 装備

アリアは、先進の安全運転支援システム「プロパイロット2.0」や「プロパイロット・リモートパーキング」を搭載。

前者は、ドライバーが前方に注意して道路・交通・自車両の状況に応じて直ちにハンドルを操作できる状態において、同一車線内でハンズオフ走行を可能にしたシステムだ。後者では、車外からの操作で駐車する機能「プロパイロット・リモートパーキング」(日本市場に設定)も搭載している。

日産アリアの前席内装。
日産アリアの前席内装。

さらに、高度で積極的な安全に対する考え方のもとに開発された「セーフティ・シールド」技術も数多く搭載され、全方位運転支援システムにより安全を確保する。

先進のコネクテッド技術も搭載し、クルマに乗る前から乗車中、そして降りたあとまで、オーナーとクルマがシームレスにつながることを目指してアリアは開発された。

乗車前にスマホでドライブプランを立て、クルマの情報を確認しながらルートをクルマに転送。乗りこむ前にリモートでエアコンをONに。

運転中は、大型のフルカラーヘッドアップディスプレイには車速やルート、プロパイロット動作状況などが表示され、ドライバーは視線を移動することなく、情報を把握できる。

また、「ハローニッサン」と呼びかけることでドライバーをサポートする音声認識機能も搭載。さらに、Amazonが提供する音声サービスのAlexaも採用したので、帰宅途中に話しかけて自宅の照明やエアコンを作動させることもできる。