2013 F-1 第15戦 日本グランプリ

公開 : 2013.10.13 19:30  更新 : 2017.06.01 02:15

セバスチャン・ベッテルが5連勝で、日本グランプリを制した。

ポールシッターを獲得したのは、今年でF-1からの引退を表明しているベッテルのチームメイト、レッドブルのマーク・ウェーバーだった。2番手にベッテルと、レッドブルがフロントローを独占。3番手にロータスのロマン・グロージャンというオーダーだった。

レース当日、快晴の鈴鹿サーキットのオープニング・ラップで最初に第1コーナーに飛び込んだのは、3番手スタートのグロージャン。続いて、ウェーバー、ベッテルというオーダー。メルセデスのルイス・ハミルトンはこの第1コーナーでリア・タイヤがバースト。そのまま1周走ってピットインしたが、そのバーストが原因で空力関係のパーツにダメージを追ってしまい結局リタイアとなる。

グロージャン、ベッテルは2ストップ、ウェーバーは3ストップという異なるストラテジーをとった。ベッテルは38周目、2度めのピットストップを終えたところでトップ、グロージャンに肉薄。そして41周目にグロージャンをかわしてトップに立った。また、ウェーバーも最終のピットストップを終え、3位でコースに復帰するが、その後、52周目にグロージャンを交わして2番手となった。

ベッテルはそのまま逃げ切り、今季9勝目、そして5連勝を果たした。2位にはウェーバー、3位には終盤までトップを守った大健闘のグロージャンが入った。そして4位にはフェラーリのフェルナンド・アロンソが入り、この鈴鹿でベッテルがシリーズ・チャンピオンを決めるのを阻止した。5位はロータスのキミ・ライコネン。6位、7位にはニコ・ヒュンケンベルグ、エスティバン・グティエレスとザウバー勢が入った。

第15戦 日本グランプリ結果

1 セバスチャン・ベッテル インフィティ・レッドブル
2 マーク・ウェーバー インフィティ・レッドブル
3 ロマン・グロージャン ロータス・ルノー
4 フェルナンド・アロンソ フェラーリ
5 キミ・ライコネン ロータス・ルノー
6 ニコ・ヒュルケンベルグ ザウバー・フェラーリ
7 エスティバン・グティエレス ザウバー・フェラーリ
8 ニコ・ロズベルグ メルセデスAMG
9 ジェンソン・バトン マクラーレン・メルセデス
10 フェリッペ・マッサ フェラーリ

ワールド・チャンピオンシップ・ポイント

297 セバスチャン・ベッテル インフィティ・レッドブル
107 フェルナンド・アロンソ フェラーリ
177 キミ・ライコネン ロータス・ルノー
161 ルイス・ハミルトン メルセデスAMG
148 マーク・ウェーバー インフィティ・レッドブル
126 ニコ・ロスベルグ メルセデスAMG

関連テーマ

人気テーマ