【ブランドらしさを高めた2代目】ロールス・ロイス・ゴーストへ試乗 6.75L V12 前編

公開 : 2020.09.19 10:20

クルマ版のコンシェルジュ

ゴーストは、クルマ版のコンシェルジュ。基本的には、オーナーの人生をより心地よくし、面倒なことをかわってくれる存在だといえる。

リア・サスペンションには、電圧12Vで稼働するアクティブ・アンチロールバーを採用。カメラ映像から路面の凹凸を読み取り、起伏の接近を判断し、柔軟さを変化させる。

ロールス・ロイス・ゴースト(英国仕様)
ロールス・ロイス・ゴースト(英国仕様)

フロント側には、ボディをフラットに保つための、マスダンパーを備える。リアにはステアリング・システムが付く。

ほかにも多くのテクノロジーが、ゴーストを影武者のようにサポートしている。しかし、オーナーはその存在を知る必要はない。

ゴーストはかなり大きい。全長は5546mmで、全幅はミラーを含むと2148mm。先代より、わずかに大きくなっている。

ただし、ドアの防音材などの厚みも増しており、車内スペースに大きな違いはない。といっても、高身長のオーナーがリアシートで快適に過ごすのには十分以上の、空間は用意されている。

身長の高いドライバーの場合、太いBピラーが横方向の視界にかかりそうだ。オプションのリアウインドウのブラインドも、視界を制限する。しかし、外界の目線から隠れたいのなら、むしろ好都合な存在となる。

ロールス・ロイスの最上級、ファントムのオーナーなら派手好きで、細かいことを気にしないかもしれない。しかしゴーストのオーナーは、浪費に対する意識も高く、志向が違う。目立つことは、あまり好まないだろう。

ステアリングを握る音が目立つほど静か

ゴーストのレザー内装は、ステッチは控えめ。ファントムのように、ガラス張りのギャラリーがダッシュボードを飾ることもない。目立たないことに対する、ロールス・ロイス流の仕立て方だ。

ダッシュボードの右端に、小さな星が刻印された、ゴーストのエンブレムがあしらわれる。聞こえより、実際目にする雰囲気はずっと良いはず。

ロールス・ロイス・ゴースト(英国仕様)
ロールス・ロイス・ゴースト(英国仕様)

インテリア全体のフィット感や仕上げも、素材の選ばれ方も、見事。筆者の好みでは、メーターパネルはモニター式ではなく、アナログ・メーターが並んでいても良いと思う。

エアコンの送風口は、繊細な金属製。アンビエント・ライトも、贅沢に感じられるかどうかは別として、巧妙にインテリアを演出する。ロールス・ロイスとして、極めて快適だということは、疑いようがない。

車内はとても静か。全体で100kgもの防音材が用いられている。ちなみにファントムは130kg。当初は低音域が少し大きかったそうだが、空気口の処理で軽減させたという。

高速道路の追い越し車線を走っていても、リアシートのオーナーは、フロントシートのドライバーとささやくような声で会話ができる。車内で聞こえる一番大きなノイズは、レザー巻きのステアリングホイールを握る、手のひらが擦れる音くらい。

もう少し直径が大きくて、細いリムの方がファントムっぽいと、筆者は思う。

この続きは後編にて。

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記