乗り心地を極める1台 ロールス・ロイス ベントレー レンジローバー BMW 5台直接比較 前編

公開 : 2023.06.17 09:45  更新 : 2023.06.19 08:40

高級車で重視される特性の1つが、快適な乗り心地。最新のベスト・コンフォートはどれなのか。英編集部が比較試乗で確かめました。

クラシックカーと一緒に乗り心地を比較

グレートブリテン島の南西部に位置する、ブレコン・ビーコンズ改めバンネ・ブライチェイニオッグは、広大な国立公園が広がる山岳地帯。最近、車列を組んでウェールズ王子が訪問し、英国内では注目が高まっているようだ。

今回、英国編集部も同じ場所へ5台で向かったのだが、なかなか壮観な車列になった。ドレスコードは設定されず、ラフな普段着のままだったから、紳士たちによるオーナーズクラブ・ミーティングに勘違いされることはなかっただろう。

手前からBMW i7 xドライブ60 Mスポーツと、ベントレー・フライングスパー V8アズール、ロールス・ロイス・ファントムVIII、ランドローバー・レンジローバー・オートバイオグラフィーP440e、ロールス・ロイス・シルバークラウドIII
手前からBMW i7 xドライブ60 Mスポーツと、ベントレーフライングスパー V8アズールロールス・ロイスファントムVIII、ランドローバーレンジローバー・オートバイオグラフィーP440e、ロールス・ロイス・シルバークラウドIII

われわれには、確かめるべきことが存在した。そのきっかけを作ったのは、F1ドライバーに登り詰めた実業家、ジョナサン・チャールズ・パーマー氏だ。

AUTOCARの読者だという彼は、先日お会いした際、現代的なモデルに対して1つの不満を口にしていた。動力性能とは異なり、乗り心地はさほど進化していないようだ、と。

「最も快適だとされる高級車を複数用意して、クラシックなクルマと一緒に比較するというのはどうでしょう。最新技術に対して考えを深める機会になるのでは」。そんな提案をいただいた。

彼の貴重なアイデアを、聞き流すことなどできない。そこで早速、英国編集部は動いた。

合計価格が約100万ポンドに達する5台

スタッフが用意したのは、ロールス・ロイス・ファントムVIIIにベントレー・フライングスパー V8アズール、ランドローバー・レンジローバー P440eオートバイオグラフィー、BMW i7 xドライブ60 Mスポーツという高級車4台。お値段順に並べると。

英国価格を合算すれば、約100万ポンド(約1億6000万円)に達する。ちなみに、パーマーはヘリコプター界の最高級ブランド、アグスタで飛んできた。なんともブルジョアな集まりだ。

ロールス・ロイス・ファントムVIII(英国仕様)
ロールス・ロイス・ファントムVIII(英国仕様)

さらにクラシックカーとして加わったのが、最近レストアされたばかりだという、1964年式のロールス・ロイス・シルバークラウドIII。筆者の友人で読者の1人、ジョー・ウォード氏が快く持ち込んでくれた。

乗り心地を測ることは複雑で、感じ方も主観的な偏りが生じやすい。そこで、マクラーレンF1の技術開発に関わった経歴を持つ、ランドル・エンジニアリング社のスティーブ・ランドル氏にも協力を仰いだ。客観的な判断をしてくれるに違いない。

AUTOCARでは、普段は様々な特性を総合的に判断しクルマを評価している。特定の1つにフォーカスを当てて、比較試乗することは珍しい。しかし、とても興味深い検証になることは間違いないだろう。

バンネ・ブライチェイニオッグの東側には、様々な路面が混在している。波打った区間があり、大きな窪みも放置されてる。崖へ沿うようにカーブが続き、大地とは関係なく路面はうねり、見通しの悪いヘアピンもある。シャシーの能力を引き出すのに好適だ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    マット・ソーンダース

    Matt Saunders

    英国編集部ロードテスト・エディター
  • 撮影

    マックス・エドレストン

    Max Edleston

    英国編集部フォトグラファー
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

乗り心地を極める1台 ロールス・ロイス ベントレー レンジローバー BMW 5台直接比較の前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

おすすめ記事