Visio.Mプロジェクトがスタート、都市圏向けのEVを量産

2012.05.09

ドイツ・ミュンヘン工科大学の研究者と自動車産業界の技術者は共同で、リサーチ・プロジェクト「Visio.M」を発足した。これは、効率性と安全性に優れ、また製造コスト削減にもつながるEVのコンセプト開発を行うプロジェクトであり、BMW AGは、このプロジェクトのリード・マネージャーを務めるという。

このプロジェクトにはドイツ連邦教育研究省により総額1,080万ユーロ(11億1700万円)の予算が投入される予定だ。

「Visio.M」では、ドイツ自動車産業界の大手企業とミュンヘン工科大学の研究者が連携し、マス・マーケットにおいて一定のマーケット・シェアを獲得できるようなリーズナブル、小型、高効率かつ安全性に優れたEVの生産法が研究されることとなる。ビジョナリー・モビリティ・コンセプトに基づいて開発される車両は、最大出力15kW、最大乾燥重量400kg(バッテリーを除く)、欧州で規定されているクラスL7eの要件を満たす予定だという。

プロジェクトに参加する組織は、ミュンヘン工科大学が開発した電気自動車「MUTE」の基本技術を利用して、量産の枠組みの下で実用化できる、車両安全性、駆動、エネルギー蓄積、操作コンセプトの革新的技術・新技術の開発に取り組んでいる。特に注目すべきは、安全技術面の設計だ。Visio.Mでは、最大限の軽量化にもかかわらず、一般的な内燃エンジン搭載車に匹敵する安全性が実現されることとなる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

        ×