【少し戸惑うブレーキペダル】ボルボXC40 リチャージT5(4) 長期テスト 中間が欲しい

公開 : 2021.05.09 09:45

英国編集部でも人気のボルボXC40。そのPHEVはさらに良いのか、未来の自動車産業を担う技術はドライバーにも適しているのか、長期テストで確かめます。

もくじ

積算5627km マニュアルもタッチモニターで
積算5936km PHEVの事前の充電は大切
積算7118km 便利なボルボ・オンコール
少し戸惑うブレーキペダルの反応
エンジンオイルの減りが早い
テストデータ

積算5627km マニュアルもタッチモニターで

text:James Attwood(ジェームス・アトウッド)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
ボルボXC40のタッチモニターに、1Lのエンジンオイル補充が必要だとメッセージが表示された。対処手段を調べるのに、マニュアルを開く必要はなかった。

モニターをタップすると、必要なマニュアルのページが表示された。タッチモニターで向上する利便性の1つだ。エンジンオイルは無事に補充が終わり、何事もなく走っている。

ボルボXC40 リチャージ・プラグイン・ハイブリッドT5 インスクリプション・プロ(英国仕様)
ボルボXC40 リチャージ・プラグイン・ハイブリッドT5 インスクリプション・プロ(英国仕様)

積算5936km PHEVの事前の充電は大切

プラグイン・ハイブリッド(PHEV)のエンジンを動かし、駆動用バッテリーを充電することは効率的な手段だとはいえない。そのためか、ボルボはその機能をインフォテインメント・システムへ表示させないようにしている。

ほぼ充電が空の状態でXC40に乗り、週末にスーパーマーケットで買い物を済ませ、急速充電器で充電できた容量は40%ほど。事前の充電が大切だと、燃費を見て実感させられた。

ボルボXC40 リチャージ・プラグイン・ハイブリッドT5 インスクリプション・プロ(英国仕様)
ボルボXC40 リチャージ・プラグイン・ハイブリッドT5 インスクリプション・プロ(英国仕様)

積算7118km 便利なボルボ・オンコール

英国のロックダウンの合間を縫って、PHEVのボルボXC40で少し足を伸ばすことにした。出発時点のバッテリー充電量は約70%。スーパーマーケットで予め充電していた。

普段はアンドロイド・オートを利用することが多く、その時も、XC40でいつもどおりスマートフォン側のナビを使ってしまった。ボルボ・オンコールという、専用アプリの利用を忘れていた。

ボルボXC40 リチャージ・プラグイン・ハイブリッドT5 インスクリプション・プロ(英国仕様)
ボルボXC40 リチャージ・プラグイン・ハイブリッドT5 インスクリプション・プロ(英国仕様)

少し戸惑うブレーキペダルの反応

そのアプリで往復のルートを設定すれば、効率的に電気エネルギーの利用を計算してくれる。でも利用しなかったから、帰路はほとんどガソリンエンジン頼りの走行。燃費は11.5km/Lくらいに留まってしまった。

多くの場面でXC40 リチャージT5は、ガソリンエンジン版のXC40 T4と変わらず運転できる。扱いやすく、高速域でもリラックスして長距離移動を楽しく過ごせる。

ボルボXC40 リチャージ・プラグイン・ハイブリッドT5 インスクリプション・プロ(英国仕様)
ボルボXC40 リチャージ・プラグイン・ハイブリッドT5 インスクリプション・プロ(英国仕様)

電気モーターからガソリンエンジンへの主役交代もスムーズ。モニター式のメーターパネルは、どのくらいアクセルペダルを踏み込めばエンジンが起動するか、ちゃんと教えてくれる。

駆動用バッテリーでの走行中は、とても上質。ただし、ブレーキペダルの反応を除いて。

というのも、ブレーキペダルの反応が一定ではなく、少し戸惑う場面がある。Dレンジで運転中はフィードバックが薄く、クルマを止めようと踏んでいる時でも、充分な反応がないように感じてしまう。

手動でBレンジに切り替えると、回生ブレーキが強く効くようになる。ところが今度は、逆に反応が過敏に感じられる。何度か経験して予見していない限り、ブレーキングがギクシャクしがちだ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事