キアEV6へ試乗 航続482km 実力派の新モデル登場 今後の展開に高い期待 前編

公開 : 2021.11.05 08:25

上級の電動クロスオーバーとして有力候補になり得る実力を備えると、英国編集部は評価します。

ゴルフGTIより加速が鋭く、EQCより航続が長い

執筆:Felix Page(フェリックス・ペイジ)
翻訳:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
近年のキアには独特のセンスというか、勢いがある。2017年には、ドイツのBMWが支配するスポーツサルーン・セグメントに、3.3L V6エンジンを載せたドリフトマシン、スティンガーを投入している。

オレンジやイエローなど派手なボディカラーで、ディーラーや読者の受け止め方は様々だったと思う。それでも4年後の現在も、腕利きドライバーに向けて販売が続いている。

キアEV6 GTラインS AWD(英国仕様)
キアEV6 GTラインS AWD(英国仕様)

純EVクロスオーバーのeニロと兄弟関係に当たる、eソウルもプレミアムな位置付けで販売している。ボクシーなボディだが、正直にいってeソウルのアドバンテージは大きくない。売れ行きも、eニロの10分の1程度らしい。

それでもキアの上層部は、ラインナップとして重要な要素を構成していると主張する。当面のモデル存続も明言している。

スティンガーもeニロも、見た目が楽しく、運転も楽しい。数は少ないにしろ、ユーザーは気に入っているだろう。慎重になりがちな量産車の戦略に対して、新鮮なほど明快なアプローチをキアからは感じる。

ドライバーや同乗者を笑顔にすることが、クルマを売るためのマーケティングにつながると思う。キアはシンプルに、それに取り組んでいるのだろう。

そんな韓国の自動車メーカーから、新たな1手が打たれた。最新のフォルクスワーゲン・ゴルフGTIより発進加速が鋭く、メルセデス・ベンツEQCより航続距離が長い、純EVのクロスオーバーが登場した。

構成の多くをアイオニック5と共有

ガソリンエンジン車と遜色のない距離を、一度の充電で走れる。確かにトリムグレードやパワートレインのチョイスで、優劣は変わってくる。だがスペックシートを見れば、その優れた数字に関心してしまうはず。

このEV6は、キアとして初となる純EVの専用モデル。性能は高い方が良い。

キアEV6 GTラインS AWD(英国仕様)
キアEV6 GTラインS AWD(英国仕様)

キアEV6がベースとするのは、E-GMPと呼ばれるプラットフォーム。英国では数ヶ月前に販売が始まった、ヒュンダイの純EV、アイオニック5も採用しているものだ。こちらは、すっかり市街地では見慣れたモデルになっている。

EV6が採用する電圧800Vの電動システムも、最大239kWの急速充電能力も、電費効率を高める革新的な技術も、アイオニック5と共有している。最大3.6kWの容量まで、駆動用バッテリーの電気を外部供給できる機能まで受け継いでいる。

ツインモーターの四輪駆動が、現状でのEV6の最上位。トリムグレードには、GTラインと上級のGTラインSの2段階が用意される。既に英国での受注は始まっており、大半はGTラインSが選ばれているという。

モデルの頂点は、追って登場するEV6 GTが飾る。黄緑色のブレーキキャリパーが足元を引き締め、最高出力585ps、最大トルク75.3kg-mを発揮するという。ポルシェタイカンのオーナーも2度見したくなる数字だと思う。キアの勢いは、ここにも表れている。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

今後の展開に高い期待 キアEV6へ試乗 実力派の新モデル登場 航続482kmの前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

キアの人気画像