日産エクストレイル1.6dCi N-テック

公開 : 2014.08.01 23:40  更新 : 2021.04.22 13:28

■どんなクルマ?

いよいよ3代目のエクストレイルを英国でも試す時がきた。余談ではあるが、めでたきミレニアム・イヤーに、今のモデルよりも角ばった初代がデビューした時のことを覚えている読者は、どれくらいいるのだろうか。まぁそんな話は置いておいて、ともかく3代目は同クラスの1位2位を争うほど優秀なクルマであるということを、先に書いておく。

大事なのは、先代のエクストレイルを単純に世代変更しただけではないということだ。酷似しているけれど、単なるキャシュカイの7人乗り仕様でもない。

£1,750(26万円)も価格がアップしたのは、単に儲けようとしているわけではなく、最新版エクストレイルに一つ上のステータス性を持たせようとしているゆえだ。がっしりとさせて横幅をもたせたのも同様の理由だ。

5人乗りのモデルを試乗した私には、7席もシートが収まるなんて想像もできないが、£700(10万円)を支払えば座席の追加も可能だ。また前輪駆動車が標準となり、£1,700(25万円)の上乗せで4WDが選択可能である。

キャシュカイが人気であるから、それなりにエクストレイルも目立たせなければならない。したがって日産が編み出した結論はN-テックというグレードの導入だ。

こちらのグレードは、£27,295(404万円)。DABラジオ、電動テール・ゲート、前後パーキング・センサー、デュアル・ゾーン・エアコン、キーレス・エントリーにプッシュボタン式スターターが標準でついてくる。

■どんな感じ?

一言でいうなら、一回り大きくなったキャシュカイと言ったところだ。先代よりも両者の関係性は密接なものになっているだけに、さまざまなところに共通点が見受けられるのも、さもありなん。

たとえば内装。キャシュカイのオーナーならばだれもが皆懐かしい気持ちになるほどに、共通のパーツが用いられている。あるいはモデル名だけ書き換えたと言っても、信じてしまう人がいるかもしれない。

これこそ、エクストレイルの踏ん張りどころとも言えるのだが、われわれの期待に見事に答えてくれている。というのはつまり、エクストレイルの方が見事に高級感が演出できているのだ。

外観に関してもお見事。キャシュカイとほとんど同サイズにも関わらず、細かな点でのプレミアム感の演出に成功している。ここまで上手に作り込んでいる様子を見ると、このクラスの主流になり得るのではないか、とさえ思ってしまう。

実用性に関しても、あるいはトランクの容量に関しても、すべてがキャシュカイのそれよりもひとつ上のレベルであると言える。

後部座席の足元の余裕だって、心配することは全くない。横方向、縦方向、どこの寸法をとっても5人の大人が気負うことなく乗り込むことができるだろう。

クルマを大きくするということは、ボンネットを長くすることになるのは言うまでもない。この点においては、自分はSUVに乗っているのだ、と感じさせられる。ただし心配する事なかれ。動力性能の足を引っ張るほどではないのだから。むしろ ’威厳が増した’ と捉えて頂いて構わない。

ステアリングやクラッチの軽さも、良い方向に働きかける。フォード・クーガのように必要以上に大柄なクルマだと感じさせないし、コーナーへのターン・インも軽やかで気持ち良い。

他のところが優れているだけに、ダンピングが少し落ち着かない点が惜しい。それでも ’準レンジローバー’ といえる程なのだから、いかにエクストレイルの足回りが優れているかが伺えるはずだ。

流れに習い、このクルマも19インチのホイールを履いているが、粗い路面でもなかなかに収まりが良い。

1.6ℓのdCiエンジンも、さすがに大排気量エンジンと比べるとやや力不足であることは感じるが、それでも非力だと思えるようなシチュエーションはなかった。

低速ギアに入れて、1750rpm以下で走った時だけ、エンジン自体が無気力になる傾向にあるのは惜しい。ただし20.5km/ℓという驚異的な燃費と、11秒の0-100km/hタイムを考えれば、そんな欠点もまったく気にならなくなった。

■「買い」か?

日産は今まで以上に、成功に向けて邁進している。その一つの結果が、エクストレイルに反映されていると言っていいだろう。

見た目や使い勝手、機能面など、どこをみても手を抜かずに熱心に作りこまれてることがわかる。

一目見て、なんだキャシュカイの使い回しか、などと思うのはとても勿体ない。日産印の優れたサイズや車重、デザインをぜひ読者自身の目で見て、そして体験していただきたい。

(ニック・カケット)

日産エクストレイル1.6dCi N-テック

価格 £27,295(475万円)
最高速度 188km/h
0-100km/h加速 10.5秒
燃費 20.5km/ℓ
CO2排出量 129g/km
乾燥重量 1550kg
エンジン 直列4気筒1598ccディーゼル
最高出力 130ps/4000rpm
最大トルク 32.6kg-m/1750rpm
ギアボックス 6速マニュアル

関連ニュース

▶ 海外初試乗 / 日産エクストレイル 1.6dCi 130 2WDテクナ
▶ 海外初試乗 / 日産エクストレイル 20X

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記