国内ニュース

2017.02.09

EVシステムの性能を向上させるなどの改良を施した三菱アウトランダーPHEV

三菱はアウトランダーPHEVに改良を施し、2月9日より販売を開始した。

今回の改良点は、高速道路の合流などの加速時において、駆動用バッテリーからの電力供給をより長く持続させ、発電のためのエンジン始動を遅らせることで、今まで以上にEV走行を維持できるよう改良した。この、エンジン始動性を改良したことで、従来よりも素早くモーターへ電力供給が可能となり、高速道路の追い越しなど、強い加速が必要な状況下での加速レスポンスを向上させている。

また、従来の「バッテリー・セーブ・モード」、「バッテリー・チャージ・モード」に加え、EV走行を優先させ、可能な限りエンジン始動を抑える「EVプライオリティ・モード」を新たに設定している。充電制御を改良し、約80%までの急速充電時間を約30分から約25分に短縮したことによって、時間課金制の充電器を使用した際の負担が軽減されるという。

シャシーでは、ショック・アブソーバーのバルブ構造見直しと減衰力の最適化により、操縦安定性と接地性を向上させている。また、リアのトー・コントロール・アームのブッシュを変更することで、直進安定性と操舵時の手応えを向上させている。

車両運動統合制御システム「S-AWC」では、雪道など滑りやすい路面で使うLOCKモードにおいて、前後のモーター駆動力制御と、ブレーキによるアクティブ・ヨー・コントロール制御を見直し、旋回性能やハンドル操作に対するコントロール性を向上させている。

更に、Mグレードを除く全車種の予防安全技術、e-Assistの性能を向上させた他、スマート・フォン連携ディスプレイ・オーディオをS Editionに標準装備し、電動パーキング・ブレーキも新たに採用された。

エクステリアは、フォグランプがLED製となり、ボディ・カラー展開も見直された。

今回の一部改良から追加された最上級グレード、S Editionは、ビルシュタイン製のショック・アブソーバの採用し、構造用接着剤をボディの要所に塗布することによりボディ剛性を向上させるなどが施されたモデル。また、エクステリア、インテリア共にスポーティかつ高級感溢れるトリムが与えられる。

価格は3,659,472円から4,789,260円。

最新国内ニュース

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧