え!? スポーツカー? 三菱アウトランダーPHEV 唯一無二の存在 4つのワケ

公開 : 2022.12.23 11:45

三菱アウトランダーPHEVは、無人の荒野を疾走する、ただ1台。鈴木ケンイチ氏がそう考える4つの理由は?

もくじ

無人の荒野を疾走する、ただ1台
スポーツカー顔負け 痛快な走り
パワフルなモーター<制御の巧さ
精悍なルックス 上質めざす内装
20kWh! 「移動する電池」にも

無人の荒野を疾走する、ただ1台

AUTOCAR JAPAN sponsored by 三菱自動車工業

昨年(2021年)12月に発売された三菱自動車の「アウトランダーPHEV」の販売が好調だという。

三菱自動車の発表によると、2022年度上期(4~9月)に国内販売されたPHEVカテゴリーの総計は1万3179台で、そのうち1万749台がアウトランダーPHEVであったという。

圧倒的な比率でナンバー1を獲得した。

この結果は、ある意味、当然とも言えるだろう。なぜなら現在、国内市場でアウトランダーPHEVのライバルとなりえる国産PHEVは、ほとんど存在しないからだ。

無人の荒野を疾走する、ただ1台とも言える。

ただ、もしもライバルが登場しても、アウトランダーPHEVは、ナンバー1の地位を、そうやすやすと奪われることはないだろう。多くの魅力を備える実力の高いクルマであるからだ。

深堀りしていこう。

三菱アウトランダーPHEV 公式サイトをみる

記事に関わった人々

  • 執筆

    鈴木ケンイチ

    Kenichi Suzuki

    1966年生まれ。中学時代は自転車、学生時代はオートバイにのめり込み、アルバイトはバイク便。一般誌/音楽誌でライターになった後も、やはり乗り物好きの本性は変わらず、気づけば自動車関連の仕事が中心に。30代はサーキット走行にのめり込み、ワンメイクレースにも参戦。愛車はマツダ・ロードスター。今の趣味はロードバイクと楽器演奏(ベース)。
  • 撮影

    小川亮輔

    Ryosuke Ogawa

    1986年生まれ。幼少期から父親の影響でクルマに惹かれている。独身時の愛車はシボレー・コルベットC5 V8 5.7Lのミレニアムイエロー。現在はレンジローバーV8 5.0L(3rd最終型)に家族を乗せている。2022年、SNSを通してAUTOCAR編集部の上野太朗氏に発掘される。その2日後、自動車メディア初仕事となった。instagram:@ryskryskrysk

関連テーマ

おすすめ記事