クルマ漬けの毎日から

2020.01.05

100字サマリー

クロプリー編集長はアストン マーティンへ出かけ、新型SUV「DBX」を実際に見てきました。アストン初のSUVであるこの新型車を英国編集長はどのように考えているのか、お伝えします。

【クロプリー編集長コラム】注目のSUV、新型アストン マーティンDBXと出会う

もくじ

アストン初のSUV
金融アナリスト DBXを評価

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

アストン初のSUV

アストンのセント・アサン工場へ行き、新型SUV「DBX」を見てきた。このクルマをデザインしたマレク・ライヒマンが、私のために個人的にDBXを見せてくれたのだ。

この16万ポンド(日本向け価格:2299万5000円)の新型SUVは、非常に魅力的である。私が購入するとしたら、まちがいなくその魅力に取り憑かれてしまうだろう。DBXの特に素晴らしい点を3つ、以下にお伝えしよう。

1. 初のSUVとなるまったく新しいシルエットには、アストンらしいデザインがうまく適用されている。

2. ポルシェ・カイエンなどに比べてコンパクト、かつ躍動感あふれるスタイリングに仕上がっている。

3. マッスルなハイパフォーマンスカーとして、ドライバーを確実に納得させてくれる。

金融アナリスト DBXを評価

金融アナリストのような自動車の評論が専門でない人たちも、DBXの将来性を高く評価している。また、いくつかの投資会社は、アストン マーティン・ラゴンダ社(AML)の株は「買い」だと勧めている。

アストンのCEO、アンディ・パーマーはこれまでさまざまな批判を受けてきたが、今は安堵しているだろう。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。