海外試乗

2018.01.16

アウディRS3、リッチフィールド社のチューンで507psへ 試乗の印象は

リッチフィールド・アウディRS3

テスト日 : 2017年01月08日

価格 : -

文・ダン・プロッサー 

編集部より

リッチフィールド社がアウディRS3に手をくわえることで、400→507ps/48.9→66.9kg-mという数値に達しています。ただし評価すべきは「乗り味」。検証します。

もくじ

どんなクルマ?
400→507ps 48.9→66.9kg-m
リッチフィールドも認める素性のよさ

どんな感じ?
低速では控えめ 回せば必ず夢中に
エグゾースト/シャシー/操舵は?

「買い」か?
速さを求めるならば買い ただし注意点も

スペック
リッチフィールド・アウディRS3のスペック

どんなクルマ?

400→507ps 48.9→66.9kg-m

今日のクルマは、先代のポルシェ911ターボよりパワーのあるアウディRS3だ。

RS3はそのままでも決して性能に不足はないように見える。パワフルな400psの5気筒エンジンを搭載し0-100km/h4秒以下で駆け抜ける。

しかし、チューニングを専門とするリッチフィールド社は、速いクルマをもっと早くするのが商売だ。そこで、アウディの中型ロケットに白羽の矢を立てた。

見出しの数字は507ps。しかし、加速には48.9kg-mから何と66.9kg-mまで増強されたトルクの方がより重要である。

ならば、リッチフィールドのエンジン屋は彼らの持つすべてをこの5気筒エンジンに投入したと思うだろう。より大型のターボ、高効率のエグゾースト・システム、内部の補強などなど。

ところが実際には、107psと18kg-mを上乗せするのに彼らがしたことは、ROMの書き換えとエア・フィルタの交換、それにより大型のインタークーラーの追加だけなのだ。

next pageリッチフィールドも認める素性のよさ

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ