フォーカスRS「リッチフィールド」チューン 速さ進化 ライド向上も

公開 : 2018.01.25 10:10

イギリスのチューニング・カンパニー「リッチフィールド」が4輪駆動のホットハッチ、フォード・フォーカスRSに手を加え、415psと56.5kg-mを獲得。乗りやすさの向上も際立つ、その仕上がりに注目です。

もくじ

どんなクルマ?
フォーカスRSをリッチフィールドが料理
専用ダンパーはモード選択が可能

どんな感じ?
猛烈な加速力と優れた柔軟性
驚異的なコーナリング性能

「買い」か?
まずはサスペンション・キットだけでも

スペック
リッチフィールド・フォード・フォーカスRSのスペック

どんなクルマ?

フォーカスRSをリッチフィールドが料理

イギリス南西部、グロスタシャー州に拠点を構えるチューニング・カンパニーが、リッチフィールド社。スバルインプレッサ日産GT-Rの改造で名を馳せたが、今は比較的穏やかなホットハッチから、エキゾチックなミドシップのスーパーカーまで、非常に幅広いクルマを手がけている。

そして今回、4輪駆動となった最新の3世代目フォード・フォーカスRSにも、手が加えられたのだ。

このフォード・フォーカスRS用のアップグレード・パッケージは、ドライブトレインからシャシー周りまで多岐に渡る。創業者のイアン・リッチフィールドによれば、単に速くなっただけでなく、乗り心地も改善し、荒れた路面でも優れた走行性能を発揮すると言う。

どんな変化を得たのか、実際に試してみよう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×