2019年版 ホンダNSXに試乗 発表から3年 ハイブリッド581psはそのまま

2019.09.13

100字サマリー

ホンダ製の控えめながら型破りな、第3の選択肢といえるスーパーカー、NSX。細かな調整を各所に受けた2019年モデルが登場しました。NSXらしさは感じられるものの、エキゾチック・ブランドのモデルとは並ぶことはできないとしています。英国で評価しました。

もくじ

発表から3年目に加えられた改良
アピアランス上の変更点は限定的
ハイブリッドシステムの出力もそのまま
ニッチ市場のニッチな嗜好を持つひとへ
ホンダNSXのスペック

発表から3年目に加えられた改良

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

第2世代の現行NSXの2019年モデルが登場した。われわれも好きなクルマではあるものの、ライバル・スーパーカーの代名詞と呼べるようなモデルとは、互角に戦えないことも理解している。初代NSXのベンチマークでもあった、1990年のフェラーリ348というハードルは高くなかったかもしれないが、30年経ったいま、立ち向かう相手はマクラーレン720Sだ。

初代NSXはスーパーカーというニッチ市場へ大きな一石を投じたクルマだったが、同じことを2代目が行うことは、簡単なことではないのだろう。20万ポンド(2600万円)を切るスーパーカーが備えているのは、優れた利便性と視界、運転のしやすさと路面を問わない完璧な走り。1990年代のレジェンドから受け継がれたことでもあるが、いってしまえばそれだけ。当たり前の内容で、明確な個性が薄いのだ。

ホンダNSX
ホンダNSX

2016年に登場した第2世代のNSXは、ホンダ流の創意工夫と電気モーターとの組み合わせで、ミドシップ・スーパーカーに新しい方程式を持ち込んだ。しかし最終的には、まだダイナミクス性能の追求としては不十分だった、というのがわれわれの意見。

それから3年後、モデルライフとしては中期となるいま、僅かなアップデートを受けた2019モデルイヤー版が登場した。ホンダNSXの秘めていた可能性を引き出せたのかどうか、確認するチャンスだ。しかし使える予算はだいぶ限られていた模様。

主な変更点としては、タイヤが新しいコンチネンタル・コンチスポーツコンタクト6になり、アンチロールバーとトーリンクブッシュ、リアサスペンションのホイールハブなどが新しいものに置き換わった。アダプティブダンパーやパワーステアリング、トランスミッション、4輪駆動システムにも設定変更を受けている。

 
最新試乗記