ケイマンGT4 vs MRスポーツのランドマーク 前編

公開 : 2017.09.16 19:10  更新 : 2017.09.17 13:26

ミッドシップ・ポルシェの傑作との呼び声高いケイマンGT4。しかしその実力は、将来も特別視されるものなのでしょうか。20~30年を経てなお伝説的に語られる2台のミッドシップとの比較で、その可能性を探るテストを、前後編でお届けします。

もくじ

前編
5つ星のケイマン、数十年後も特別か
欧州を震撼させた日本の雄、NSX
マラネロの新世代の開拓者、F355
最新か伝説か 同じ予算で選ぶなら…
進歩する技術と時を超えるオーラ
初期のデジタルと熟成のアナログ
機械の不備を忘れさせる跳ね馬の官能性

後編
高品質でカリスマ性も備えるフラット6(9月17日公開予定)
史上屈指のハンドリングマシン、NSX(9月17日公開予定)
繊細にしてリラックスした日本製スーパースポーツ(9月17日公開予定)
活気はあるが古典的なF355(9月17日公開予定)
先例たちとは異なるバランスが印象的なGT4(9月17日公開予定)

5つ星のケイマンは数十年後も特別か

ポルシェケイマンGT4は今年、忘れられない強い印象を残した。路上とサーキットでの走行テストや動力性能の計測で5つ星を獲得し、£100,000(1505万円)以内のスポーツカーの中でのベストという結論に至った。

イギリスにおける今年のベスト・ドライバーズカーの候補としても十分だ。その選考も近づいてきた中で、過去のライバル2台と比較しながら、少し冷静に判断してみたい。

まず今回明らかにするべきテーマは、このクルマがどれほど素晴らしいのか、その印象はどれほど強いものかを確認することだ。2015年に待ち望んでいたGT4というクルマが、2025年や2040年にも「世界基準」「ジャイアント・キラー」「ランドマーク」だったと評価できるだろうか。

これらの答えは新しい流れを生むと共に、今後20〜30年、普遍的なスポーツカーの意味付けを行うことでもある。20年前は珍しくなかったリトラクタブル・ヘッドライトやカセットデッキなどは、今となっては古いロックバンドを録音したカセット・テープと同様にレアな存在となってしまったが。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×