M3のライバルとなる500bhpのボルボS60ポーラスター、市販間近

2012.06.09

ボルボS60をベースに500bhpのエンジンを搭載したポーラスターというモデルが開発されている。このポーラスターは、ボルボのスウェーデン・ツーリング・カー・チャンピオンシップ・チームによって開発がされているモデルで、先週初めてその姿をキャッチすることに成功したが、既に市販間近といわれている。

情報筋はBMW M3を意識して、ピーク・パワー以外の情報は漏らしてはくれなかった。しかし、ボルボが500bhpのエンジンを6気筒をベースに造り上げるとは考えづらい。おそらく、XC90、そしてノーブルM600に搭載されているヤマハ製の4.4リッターV8ターボがそのベースとなるだろう。

駆動方式は、C30ポーラスター・コンセプトカーから引き継がれる、ハルデックスAWDシステムと賢いディファレンシャルが組み合わせられる。

スクープ写真は大きなカモフラージュがされているが、ワイドになったサイド・シルと、ディフューザーが統合されたリア・スタイル、そして冷却のためのダクトの付けられたフロント・エンドはよりアグレッシブなスタイルになると思われる。また、ホイールもより大きなサイズのものが装着されるはずだ。

ポーラスターは、今まではボルボの各モデルのパフォーマンス・アップグレード・パーツとして提供されていたが、完成車としての販売はなかった。400bhpの2.5リッター5気筒エンジンを搭載するC30ポーラスターも、積極的なフィードバックをもたらしたにもかかわわず、その生産にゴーサインがでることはなかった。

 

人気記事