F-1 第7戦 カナダ・グランプリ

2012.06.12

今季7戦目となるカナダ・グランプリで、ルイス・ハミルトンが今年7人目のウィナーとなった。

2008年のワールド・チャンピオンは、モントリオールのジル・ヴィルヌーヴ・サーキットでセバスチャン・ベッテルとフェルナンド・アロンソとの壮絶な戦い繰り広げた。3人のドライバーは、ピレリのスーパー・ソフトを履いてスタート。1回目のピットストップをしたベッテルとハミルトンを尻目に、フェラーリのアロンソはトップのまま19周目までトップを快走。ハミルトンの前にトップのままコースインしたが、その直後、ハミルトンにパスされる。

その後、50周目にハミルトンが2回目のピットストップ。これによってアロンソが再び首位に立つ。ベッテルが2位。ハミルトンは3位になった。その後、ハミルトンはDRSを使ってベッテルをパス。そして、64周目にはハミルトンがアロンソを抜いてトップに立つ。

アロンソはタイヤ交換せず1ストップ作戦を敢行したが、ペースは上がらず、66周目にはグロージャンに、68周目にはペレスに抜かれ、最後にはベッテルにも抜かれて5位でフィニッシュとなった。

ハミルトンは64周目に奪ったトップを守りきり、そのままトップでチェッカードフラッグを受け、今季優勝を飾った。

1. ルイス・ハミルトン   マクラーレン
2. ロマン・グロージャン  ロータス・ルノー
3. セルジオ・ペレス    ザウバー・フェラーリ
4. セバスチャン・ベッテル レッドブル・ルノー
5. フェルナンド・アロンソ フェラーリ
6. ニコ・ロズベルグ    メルセデス
7. マーク・ウェーバー   レッドブル・ルノー
8. キミ・ライコネン    ロータス・ルノー
9. 小林可夢偉       ザウバー・フェラーリ
10. フェリッペ・マッサ   フェアーリ

 
最新海外ニュース

人気記事