アウディ、100km/lのシティカーを開発

2012.11.24

アウディが100km/lの4シーター・シティカーを計画しているという。このモデルは、現在のアウディA1のプラットフォームをベースにしている。

アウディのテクニカル・デベロップントのチーフ、ウルフガング・デュラハイマーによれば、内部では”1リッター・カー”と呼ばれており、フル4シーターで、エアコンも含めて普通のクルマと何ら変わらないとAUTOCARに語った。

詳細は不明であるが、このクルマは電気の補助を持つ。しかし、それは2シーターのフォルクスワーゲン、XLR-1プロトタイプで使われた2気筒ディーゼルを使用することはないという。

「決して重さがこのプロジェクトの最大の重要項目ではないので、1リッター・カーは、A1のスティールのプラットフォームを修正したものを使用する」とデュラハイマーは語った。しかし、サスペンションも含めて、そのパーツはかなり軽く造られていると想像できる。そのボディはカーボンファイバーを使用するようだ。

このプロジェクトは少なくとも3年以上後に実を結ぶことになる。

 
最新海外ニュース