[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

フェラーリ70周年 AUTOCAR、当時の評価は? 1970〜80年代編

2017.08.27

100字サマリー

【1970〜80年代編】フェラーリ生誕から70年が経ったいま、ふと気になるのは、当時どのように評価されたか? このへんから、ご存知のクルマが増えてくると思います。

フェラーリ365 GT4 ボクサー(1974)


ボクサーが発表された1974年には、トップレベルのスーパーカーはミッドシップエンジンというのが一般化していた。

そして、V12から低重心の水平対向12気筒エンジンへと切り替えられたフェラーリ365は、新時代フェラーリの幕開けとなるモデルとなった。

AUTOCAR、当時の評価

「パフォーマンスに関しては語ることはないだろう。間違いなく、今日生産されているクルマの中で最速のクルマだ。ただし、実用性を犠牲にした分、フェラーリ・デイトナを頂点から引きずりおろせたか? というと、正直、そうは思わない。フロントエンジンの方が、わたしの好みなのだ」

 
最新海外ニュース