[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

日産アルティマ・エディション・ワン 可変圧縮比エンジン 写真28枚

2018.05.24

100字サマリー

日産の新型アルティマは、可変圧縮比エンジン「VCターボ」で話題です。そのローンチモデルとなる「アルティマ・エディション・ワン」の予約受付が、6/15にアメリカで開始されます。車両の写真28枚を入手しました。

プロパイロットも搭載 6/15~北米で受注開始

北米日産は、新型アルティマのローンチモデルとなる「エディション・ワン」の予約受付を6月15日に開始する。同日、他の機種のアルティマも受注を開始。北米における発売は、今秋になるという。


エディション・ワンは、
・19インチのダークグレーアルミホイール
・リアスポイラー
・グラウンドライティング
・イルミネーテッドキックプレート
・専用バッジ
・専用フロアマット
を採用するモデルだ。さらにオーナーは、ディナー予約、イベントチケット購入といったプレミアムサービスを受けられるエディション・ワン日産コンシェルジュ(購入後3年間無料)にアクセスできる。


エディション・ワンのベースは、トップグレードの「プラチナムVCターボ」。レザーアポインテッド・シーティング、Boseプレミアム・オーディオシステム、ムーンルーフ、可変圧縮エンジン、そしてプロパイロットを搭載するモデルだ。

なお、AUTOCAR JAPAN上でご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『日産アルティマ・エディション・ワン』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

 
最新海外ニュース