海外ニュース

2018.06.14

アポロ・インテンサ・エモツィオーネ 780psの猛獣 0-100km/h加速2.7秒

編集部より

価格3億円。0-100km/h加速、わずか2.7秒。トップスピード335km/hという猛獣のニュースです。アポロが選んだパートナーは、メルセデス-AMGのモータースポーツ部門を支える「HWA」でした。画像8枚でレポート!

もくじ

HWAと共同開発 ル・マンカーがモチーフ
インテンサ・エモツィオーネ 主要スペック
ノンハイブリッドの選択

HWAと共同開発 ル・マンカーがモチーフ

かつてグンペルト・アポロを生産していたメーカーが、「アポロ」として再建。インテンサ・エモツィオーネの開発にあたり、メルセデス-AMGのDTMレーシングプログラムを指揮するスペシャリスト集団「HWA」の開発陣と協業することを発表した。

HWAはDTM史上もっとも成功したチームを率いているが、以前は1990年代のル・マン・マシンの象徴、メルセデス・ベンツCLK-GTR GT1の開発にも携わっていた。このことからも、アポロが言うところの「もっともエモーショナルで本質的なドライビング・エクスペリエンス」をインテンサ・エモツィオーネが実現するために、HWAが果たす役割が大きいことが想像できる。

アポロは、インテンサ・エモツィオーネのことを「かつてのGT1を現代に蘇らせた唯一のマシン」と表現している。そのスペックを紹介しよう。

 

next pageインテンサ・エモツィオーネ 主要スペック

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ