海外試乗

2018.06.13

新型メルセデス・ベンツAクラス A250に試乗 高級で快適 新たな基準に

メルセデス・ベンツAクラス A250 2018

テスト日 : 2018年6月5日

価格 : 3万240ポンド(457万円)

文・ヴィッキー・パロット 

編集部より

新型Aクラスです。90年代にデビューするや、いきなりエルクテストの洗礼を受けたこのクルマですが、4代目となる新型が登場しました。国際試乗会で議論となったトーションビームに替えて、マルチリンクのリアサスペンションが標準のA250にはどのような評価が?

もくじ

どんなクルマ?
ただよう高級感 リアはマルチリンク

どんな感じ?
洗練と活気 ホットハッチは目指さない
優れた乗り心地 インテリアも高級

「買い」か?
快適さが魅力 選ぶならこのモデル

スペック
メルセデス・ベンツ Aクラス A250のスペック

どんなクルマ?

ただよう高級感 リアはマルチリンク

90年代に登場したAクラスは、エルクテストで被った不名誉を乗り越えて、ようやくここまでたどり着いた。高級感をただよわせる4代目は、まるでCLSの短縮版のように見える。少しお高くとまっているように見えるかも知れないが、それも良い意味でだ。


新型Aクラスには、これまでのところ、ディーゼルのA180dと、ガソリンのA200とA250がラインナップされ、すべてがオートマティック・トランスミッションとの組み合わせとなる。マニュアルギアボックス・モデルと、ディーゼルとガソリンの高性能版は、2019年登場予定だ。

国際試乗会でA180dを運転した際の議論のとおり、A200を含めた新型Aクラスのリアサスペンションはトーションビームとなるが、今回テストするA250では、標準でマルチリンクが採用されている。

next page洗練と活気 ホットハッチは目指さない

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ