【SVOの世界へ】ヴェラールSVAダイナミック、FペースSVR 英国で磨かれた理想のSUV

次期型4シリーズ・コンバーチブル ソフトトップ採用へ 2020年登場

2018.10.01

100字サマリー

BMWが開発を進めている4シリーズ・コンバーチブルは、現在のリトラクタブルハードトップをやめ、ソフトトップを採用するようです。新型のCLARプラットフォームの採用と合わせ、現行モデルよりも大幅な軽量化が期待されます。

もくじ

ソフトトップ化 最上位はM440iに
大幅な軽量化に期待

ソフトトップ化 最上位はM440iに

BMWが2020年に導入予定の次期型4シリーズ・コンバーチブルは、フォールディング・ハードトップを捨てソフトトップになるようだ。

コードネームG23と呼ばれる2世代目4シリーズ・コンバーチブルは、来年登場予定の次期3シリーズとエンジンを共有する。M4が登場するまでの間、365psの3.0ℓ直6を搭載するM440i Mパフォーマンスや、325psのM440d xドライブMパフォーマンスがトップモデルとなる。

これらのモデルは4シリーズの販売開始後すぐに登場するだろう。Mパフォーマンスでない通常の440iをはじめ、430iや430dなどの中堅モデルが投入される。エントリーグレードとして設定されるのは420iおよび420dだ。

xドライブと呼ばれるBMWの4WDシステムは420i以上のグレードに設定されるだろう。プラグインハイブリッドの330eに相当するグレードを4シリーズに設定するかは不明だが、昨今の電動化の流れを見る限りその可能性は高そうだ。

 
最新海外ニュース