海外ニュース

2019.01.27

世界のメーカー 起源となったクルマたち 中編

シュコダ・タイプ110(1925年)

ローリン&クレメントと同様、シュコダは1895年に創業し、主に兵器の製造を行っていた。しかし、事業を急激に拡大し、機関車や橋、発電所、船舶などの製造を行うようになった。

1919年には蒸気機関を利用したトラックやトラクターを製造したが、1925年にローリン&クレメントと合併すると、乗用車の生産を開始した。

同社初のモデルはタイプ110で、ローリン&クレメントのタイプ100、105の後継者だ。1791ccの水冷4気筒エンジンを搭載していた。

現在はフォルクスワーゲンの傘下に収まっている。

next pageポンティアック(1926年)

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ