新型マツダ3(アクセラ)の英価格、邦貨約300万円〜 納車3月/エンジン3種

2019.02.25

100字サマリー

新型マツダ3の英国における販売価格が発表されました。2.0ℓガソリン・エンジン搭載モデルが約300万円から。今年後半には注目のSKYACTIV-Xエンジンも追加される予定です。他に1.8ℓディーゼルと、遅れて1.5ℓガソリンも用意されます。

もくじ

発売当初はガソリンとディーゼルが1種類ずつ
最大の注目はSKYACTIV-Xエンジン
AWD/人間工学を重視したインテリア

発売当初はガソリンとディーゼルが1種類ずつ

4世代目となる新型マツダ3ハッチバックの注文受付が英国で開始された。税込み価格は2万595ポンド(約300万円)から。最初の納車は3月になる予定だ。

フォルクスワーゲン・ゴルフやフォード・フォーカスのライバルとなる新型マツダ3は、ロサンゼルス・モーターショーで発表された。その特徴となるマツダの新デザイン言語は、同社が昨年公開したビジョン・クーペ・コンセプトで見られたものだ。

英国での発売時には、5つのトリムレベルと2種類のエンジンが用意される。24Vのマイルドハイブリッドを採用した最高出力122psの2.0ℓSKYACTIV-Gガソリン・エンジン(2万595ポンドから)と、最高出力116psの1.8ℓSKYACTIV-Dディーゼル(2万2395ポンドから)だ。トランスミッションは全車マニュアルとオートマティックから選べる。

マツダのSPCCI(スパークプラグによる点火を制御因子とした圧縮着火)によって従来のガソリン・エンジンより劇的に効率を改善したSKYACTIV-Xガソリン・エンジンは、今年後半になってからセダン・モデルと共に追加される予定だ。

新型マツダ3には、同社の新しいSKYACTIVビークル・アーキテクチャーが採用されている。これは数多くの新しい構造技術を包括した名称だ。自然な背骨のカーブを維持するシートや、環状構造のボディシェルが含まれる。このボディ構造によって剛性の向上、伝達遅れの減少、騒音・振動の改善が図られた。

これら全ての改良はマツダ・プレミアムと呼ばれる戦略の一環だ。マツダは自らを伝統的なプレミアム・ブランドと同等の位置に引き上げることを目指している。

 
最新海外ニュース