日本一のレースクイーン、その軌跡(1) 林紗久羅インタビュー

2019.04.28

サマリー

日本一のレースクイーンに輝いた、林紗久羅さんのインタビュー。(1)

もくじ

あの日、あのとき
苦しかった、最初
おとずれた1つの転機

あの日、あのとき

2018年初頭、東京オートサロンの会場で行われた2017年度日本レースクイーン大賞発表の場で、特別賞を受賞しながら悔し涙で泣き崩れていた、1人のレースクイーン。涙に霞んだ先には、ファンの方たちや関係者の落胆する姿があったという。そして2019年初頭の東京オートサロン、2018年度日本レースクイーン大賞のステージ。そのレースクイーンはトロフィーを手に、涙に霞んだ目を通して、昨年とは全く違った風景をステージ上から見ることになる。

彼女の名前は、林紗久羅。日本レースクイーン大賞のグランプリを獲得した、2018年度の日本一のレースクイーンだ。

この受賞の陰には、悔し涙にくれた前年の挫折があったそうだが、その前に、そこに至るまでの彼女のプロフィールを追ってみよう。

当初はモデルとしてデビューした彼女。実は内向的でひと見知り、という彼女がひと前での仕事を選んだのは、当時の赤文字系の女性ファッション誌で輝いていたモデルに憧れたから。そしてもう1つモデルを選んだ理由は、「雑誌やランウェイなら、自分のことを多く語る必要もないですし、ひと見知りもバレないかと思って」。現在のサーキットでファンの方々などとしっかりコミュニケーションを取り、ステージで歌って踊る彼女の姿からは想像できない理由だが、根本の性格は今でも変わっていないのだという。

「元々、内向的な性格な、ひと見知りで恥ずかしがり屋さん。小さい頃はお母さんの後ろから出ていかない子供だったんです。男のひとと話すのも苦手で、おじいちゃんにしゃべりかけられた時に、嫌でかみついたこともあるくらい」

そんな彼女がレースクイーンとしてデビューしたのが、2012年だった。

 
最新海外ニュース

人気記事