[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

M・ベンツAクラス・セダン日本発売 A180、A250 4マティックの価格/サイズ/内装/エンジン

2019.07.22

新型Aクラス・セダンのパワートレイン

日本仕様のAクラス・セダンに搭載されるパワーユニットは、2種のガソリンエンジンとなる。

A180系に搭載されるのが、1.4ℓ直4ターボのM282型で、最高出力136psと最大トルク20.4kg-mを発生する。これは既にAクラスやBクラスに搭載されているエンジンと同じもので、デルタ形シリンダーヘッドの採用により軽量化と省スペース性能が向上している。

A250系に搭載されるのは、2.0ℓ直4ターボのM260型で、最高出力は224ps、最大トルクは35.7kg-mを発生する。このエンジンは可変バルブタイミング機構のカムトロニックも備えており、今のところAクラス・セダン専用のユニットとなる。また、日本でもAクラスやBクラスに設定されているディーゼル・エンジンは今のところ設定されていないが、将来的には用意される可能性は高いだろう。

組み合わされるトランスミッションは、いずれのエンジンも実績のある7速DCTの7G-DCTのみ。駆動方式は、A180系はFFだが、A250系は可変トルク配分型の4WDシステムの4マティックを採用している。

 
最新海外ニュース