【コラボレーション】ルノーとOtodo クルマと自宅をつなぐ新デジタル接続サービス開発 欧州

2020.02.20

サマリー

ルノーとOtodoは、クルマと自宅をつなぐ新しいデジタル接続サービスを開発しました。クルマからの簡単操作で、自宅のヒーターの温度を下げたり、電気を消したりすることが可能になり、省エネにも一役買いそうです。

新しいデジタル接続サービス

text:Will Trinkwon(ウィル・トリンクウォン)

ルノーは、クルマと自宅をつなぐ、新しいデジタル接続サービスを開発した。

このサービスは、フランスのスマート・ホーム・コネクティビティ企業、Otodoとのコラボレーションによって誕生したもので、クルマと自宅のスマートデバイスを相互にコントロールすることができる。

ルノー・クリオ インフォテイメント
ルノー・クリオ インフォテイメント

クルマにいながらにして、自宅のヒーターの温度を下げたり、電気を消したりすることができる、留守モードと、逆にデバイスを立ち上げたりする、在宅モードを選ぶことができる。

操作はクルマのダッシュボードから行うことができ、スマートフォン・アプリを介して、さまざまなアイテムや機能を追加することもできる。

このサービスは、新しいゾエ、クリオ、キャプチャーなど、最新のイージーリンク・システムを搭載したすべてのルノーモデルで利用できる。

ルノーのコネクテッドカー&サービスの責任者であるジャン・フランソワ・ラバルは、「このサービスにより、クルマと自宅間の、安全な通信が可能になります」と述べている。

「インターフェイスは自動で、わかりやすく、シンプルです。また、必要に応じて照明や暖房のスイッチを切り替えることができ、省エネにも貢献できます」と付け加えた。

OtodoのCEO、エリック・デノイヤーは「ブランドやテクノロジーを超えた、クルマと自宅の間のシンプルなつながりが実現しました」

「近い将来、多くの人が、このプラットフォームを使って、クルマにいながら日常のあれこれをコントロールできるようになるでしょう」と述べている。

 
最新海外ニュース

人気記事