フォルクスワーゲンUpにセミ・オートマティック採用

公開 : 2012.08.07 13:03  更新 : 2017.06.01 01:01

フォルクスワーゲンは、オプションの5速セミ・オートマティックをUpに設定した。価格は標準的な5速マニュアルのUpの595ポンド(7.2万円)高となる。

このセミ・オートマティックはAGS(オートマティック・シフト・ギアボックス)と呼ばれ、5速マニュアルに較べて燃費とCO2排出量が少ないのが特徴。3ドアと5ドアのムーブUpとハイUp(ブルーモーション・テクノロジー・モデルを除く)で利用ができる。

AGS装着モデルは、9,675ポンド(118万円)からとなる。

59bhpの1.0リッターのムーブUpの場合、その燃費は27.3km/lで、CO2排出量は103g/kmとなる。5速マニュアル・モデルの場合は、26.7km/l、105g/kmという値だ。

また、パフォーマンスも向上し、59bhpのムーブUpの場合、0-100km/hが15.3秒から14.4秒に、74bhpのハイUpの場合、13.9秒から13.2秒となる。

ASGは30kgの重さで、それはマニュアル・ギアボックスよりも3kg重い。ASGは2つの電動アクチュエーターでコントロールされ、クラッチにはもう一つの電気モーターで制御される。