ルノー・メガーヌ・ハッチバック・ゼン

公開 : 2015.07.13 23:30  更新 : 2017.05.29 19:22

■どんなクルマ?

ルノーのミドル・レンジ、メガーヌの日本向けはスポーティさを強調する仕様のみだった。そこに、とりあえずハッチバックにだけ新たに加わった、禅的境地のフツウの足回りのモデル。

“しなやかなサスペンションによる快適な乗り心地と、充実の装備と価格のベストバランスが特徴のグレード” とプレス・リリースでは表現されている。

ダンパーとスプリングを専用チューニングとされていた ‘GTライン’ のハッチバックはカタログから落とされた(エステートには残っている)。

‘GTライン’ と較べると、1.2ℓ直4直噴ターボ+6速DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)のパワートレインはそのまま引き継ぎながら、足回りを17インチから16インチへとサイズ・ダウンしている。

それでもって、2,490,000円という車両価格は、かつての ‘GTライン’ 比26,9000円の値下げだ。この円安の時代にいかにも戦略価格である。

外観の違いは ‘GT line’ の文字があるかなきかで、LEDのポジション・ライトも、バックソナーも付いている。内装は光り物の使用を抑えて一面真っ黒けだけれど、これぞ明鏡止水、ゼン的境地だ。南無阿弥陀仏。あ、違う? すいません、よく知らないのである。

 
最新試乗記

人気記事