プラグイン・ハイブリッドのメルセデス・ベンツC350eを発売

2015.12.04

メルセデス・ベンツ日本は、CクラスのラインナップにC350e アバンギャルドと、C350e アバンギャルド・ステーションワゴンの2モデルを追加し、12月4日より受注を開始すると発表した。発売は来年1月が予定されている。

このC350eは、C250スポーツに搭載されている211ps、35.7kg-mの2.0ℓ直列4気筒ブルーダイレクト・ユニットに、82ps、34.7kg-mを発揮するモーターを組み合わせたもの。システム全体では279ps、61.2kg-mを発生する。

モーターのみの走行も可能で、その場合の最高速度は130km/h、航続距離は約30kmとなる。また、回生ブレーキなどによるバッテリー充電も行なわれるため、充電設備がない場合でもモーターのみの走行が可能だ。

なお、走行モードは、ハイブリッド、E-モード、E-セーブ、チャージの4モードが選択可能。燃費は、JC08モードで、セダンが17.2km/ℓ、ステーションワゴンが16.5km/ℓとなる。チャージに必要な時間は、チャージ・モードで40分、AC200V電源で4時間とアナウンスされている。

価格は、C350e アバンギャルドが7,070,00円、C350e アバンギャルド・ステーションワゴンが7,820,000円。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース