一部改良を施したメルセデスGクラスを発表

2015.12.04

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・ベンツGクラスにマイナーチェンジを施し、12月4日より発売を開始した。G550、AMG G63の発売は本日より、G350 dの発売は2016年1月を予定している。また、AMG G65は受注生産となる。更に、特別仕様車、G550 エメラルドブラック・リミテッドは、全国限定50台で12月4日から発売される。

GクラスのメインとなるG550は、今回のマイナーチェンジで、AMG GTやAMG C63に搭載されているAMG 4.0ℓV8直噴ツインターボ・エンジンをベースに新開発されたM176型エンジンを搭載。最高出力は34psアップの422ps、最大トルクは80Nmアップの610Nmとなった。また、ECOスタートストップ機能も追加されている。

特別仕様車のG550 エメラルドブラック・リミテッドは、1990年代から2006年前後にかけて、GクラスをはじめC/E/Sクラスなどメルセデスの主要モデルに設定されたボディ・カラーを施されたモデルだ。

ディーゼル・モデルのG350 dは、最新の3.0ℓV6 BlueTECクリーン・ディーゼル・エンジンを搭載したモデル。最高出力は34psアップの245ps、最大トルクは60Nmアップの600Nmとなった、

AMG G63は、27psアップの571psとなった5.5ℓV8直噴ツインターボ・エンジンを搭載。AMG G65は18psアップされて630psとなった6.0ℓV12ツインターボ・エンジンを搭載したモデル。

価格は10,700,000円から34,700,000円。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

        ×