ゴルフ・ヴァリアントTSIトレンドライン・ブルーモーション・テクノロジー

2012.02.21

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、フォルクスワーゲン・ゴルフ・ヴァリアントのエントリー・モデル、1.4リッター・エンジン搭載のゴルフ・ヴァリアントTSIトレンドライン・プレミアム・エディションのエンジンを1.2リッターTSIターボ・エンジンに換装し、ブルーモーション・テクノロジーを採用したゴルフ・ヴァリアントTSIトレンドライン・ブルーモーション・テクノロジーを3月23日より販売を開始すると発表した。

このゴルフ・ヴァリアントTSIトレンドライン・ブルーモーション・テクノロジーは、アイドリングストップ・システムであるスタート・ストップ・システムと、減速時の慣性エネルギーをバッテリーへ充電するブレーキ・エネルギー回生システムとの組み合わせであるブルーモーション・テクノロジーをゴルフ・ヴァリアントとしては初めて採用。105PS/5000rpm、17.8kg-m/1500rpm-4100rpmのパワー、トルクを持つ1197ccの直列4気筒SOHCインタークーラー付きターボ・エンジンと組み合わせることによって18.4km/lの燃費を稼ぎ出している。

また、今回のエンジン変更に加えて、オートライトシステムやレインセンサー、自動防眩ルームミラーも標準装備とした。

ボディカラーは、ディープブラックパールエフェクト、リフレックスシルバーメタリック、キャンディホワイト、トルネードレッド、テンペストブルーメタリックの5色が用意され、価格は2,790,000円となっている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

フォルクスワーゲンの人気画像

×