マツダ6ツアラー2.2スカイアクティブ-D

公開 : 2016.09.08 05:50  更新 : 2017.05.29 19:12

マツダ6が、動的性能、洗練、装備における改善を受けた。先代同様に競争力は高いものの、先代を上回っているかについては冷静になる必要がある。

■どんなクルマ?

ちょっと混乱しているとしても、それはあなただけではないから問題ない。昨年、スタイリングとシャシーに関しては、すでに変更を受けているからだ。そして今回、また、あらたな変更を受けているのである。

変更はサルーンとツアラーともに受けているが、少なくとも外から見るかぎりはまるで変わっていない。内装のディメンションもしかり。これまでのマツダ6(日本名:アテンザ)とまったく同じサイズである。

その代わりにマテリアルがこれまでよりもよいものとなった。加えて標準のエクイップメントも ‘SE-L’、‘ナビ’、 ‘スポーツ・ナビ’ グレードにおいて拡充された。どのクルマもシティ・ブレーキングならびに歩行者認識システムは、このモデルからは標準となった。

もっと特筆すべきは ‘G-ベクタリング・コントロール’ あるいは ‘GVC’ と呼ばれるシステムを新採用した点だ。余談ではあるが、GVCはトルク・ベクトリングとは異なる。つまりホイールを制動するシステムではない。

 
最新試乗記