マツダ6ツアラー2.2スカイアクティブ-D

公開 : 2016.09.08 05:50  更新 : 2017.05.29 19:12

現実的に購入を考えるならば、150psのディーゼルを買うのが賢明だろう。ターボ・ラグの低減はうまいし、トルク・デリバリーのマナーもよい。気持ちよく回るうえ、耳障りなディーゼル音も少ない。

車内に音が侵入しにくいのは、ドアのシーリングやサウンド-デッドニングに徹底して気を配っているからというのもある。従来と比べても明確に静か。トップ・クラスとはまだいえないものの、ハイ・レベルだ。

われわれのテスト車には17インチのホイールが組みあわされており、スペインの道のシャープな凹凸は拾いやすい傾向にあったが、モーターウェイではよく落ちついていた。19インチをトライする機会もあったが、当然、衝撃は伝わりやすい。17インチを選ぶだろう。

先に記したとおり、ディメンションはなにも変わっていないため、フロント・シート周りのスペースは相変わらず広い。シート形状もよく、ステアリングの可動域も大きいため、自分にあったポジションも見つけやすい。

リア・シートには2名以上の大人が座ることも可能。スコダ・スパーブのほうが広いものの、522ℓの荷室容量、低い開口部、シートの折り畳みのしやすさ、フラットなフロアなもかなり頑張っている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

マツダの人気画像

×