最高速325km/hのベントレー・フライング・スパーW12Sがデビュー

公開 : 2016.09.08 04:50  更新 : 2017.06.01 00:41

ベントレーは、4ドアのベントレーとしては今まで最高のパフォーマンスを持つフライング・スパーW12Sを公開した。

このW12Sは、635ps、83.6kg-mのパワー、トルクを持つW12エンジンを搭載し、2.5トンというボディでありながら、0-100km/h加速4.5秒、そして最高速度325km/hをマークする。

また、エンジンのパワー・アップに伴い、サスペンションも見直され、ボディ・コントロールとハンドリングにも手が加えられている。ブレーキは、オプションとしてブラックまたはレッドにペイントされたキャリパーを備えるカーボン・セラミックが用意される。

エクステリアはベルーガ・グロス・ブラックのラジエーター・グリルとライト周りが専用となり、リアのディフューザーも装備される。

ホイールは、グロス・ブラックのフィニッシュがされた21インチの7スポークが標準、そしてグロス・ブラックあるいはダーク・ティントにペイントされた5スポークがオプションとなる。

キャビンは、専用のブラック・フィニッシュのフェイシアとドア・トリムを持ち、サテン・カーボンファイバー・ブラックのフィニッシュはオプションとして用意される。この他、W12Sと刻まれたヘッドレスト、アーム・レスト、3スポーク・ステアリングも専用で、通常モデルではオプションのギアシフト・パドルも標準装備となる。

価格はまだ明らかにされていない。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事