マツダ6ツアラー2.2スカイアクティブ-D

公開 : 2016.09.08 05:50  更新 : 2017.05.29 19:12

なおこのモデルからは、あらたなレザー・ステアリング、アップグレードされたダッシュのトリムがどのモデルにも適用される。相変わらずスタイリッシュな内装の創出をする努力が見られるしスイッチの押し心地もよい。インフォテイメント・システムの使いやすさもトップ・クラス。従来以上に居心地がいい内装だと感じた。

■「買い」か?

はっきりといって、フェイスリフトはかなり地味な部類ではあるが、マツダ6のステア・フィールは相変わらず素晴らしい。何をどのようにしたいか、というのがわかりやすく、それを実現しているのもよい。

しかしフォード・モンデオ・エステートのほうが、ハンドリングは優れている。またスコダ・スパーブ・エステートのほうがクラシカルだし中も広い。実用的でもある。同じくらい洗練されているのに、価格も安い。

■日本版編集部の見立て

日本名アテンザ、AUTOCARの最終評価はモンデオやスパーブの方に旗が上がっているが。G-ベクタリングな・コントロールの採用はアクセラでも高い評価を受けるに十分な装備だった。日本での試乗もまもなくお届けできると思うので、日本版編集部の判断はそちらをお待ちいただきたい。


マツダ6ツアラー2.2スカイアクティブ-D 150

価格 £23,195(316万円)
最高速度 209km/h
0-100km/h加速 9.2秒
燃費 23.8km/ℓ
CO2排出量 110g/km
乾燥重量 1420kg
エンジン 直列4気筒2191ccディーゼル
最高出力 150ps/5500rpm
最大トルク 38.7kg-m/1800-2600rpm
ギアボックス 6速マニュアル


▶ 国内ニュース / マツダ、世界初の車体制御を発表 (試乗レポート)
▶ 国内ニュース / マツダ・アテンザにG-ベクタリング・コントロールを採用し発売
▶ 国内初試乗 / マツダ・アクセラ・スポーツ15XD

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

マツダの人気画像

×