アストン マーティンDB11ヴォランテのデビューを予告

公開 : 2016.12.15 04:40  更新 : 2017.06.01 00:33

アストン マーティンDB11のオープン・モデル、DB11ヴォランテがウィンター・テストを受けている姿をキャッチすることに成功した。

面白いのは、まるでスクープ写真を撮られるのを承知しているかのように、ボディ・サイドに “OPEN SPRING 2018” というレタリングが貼られていることだ。つまり、DB11ヴォランテのデビューは2018年春ということになる。

エンジンは、現行のDB11と同じ608psを発揮する5.2ℓV12ツインターボだ。また、ヴォランテのデビュー時にはAMG製の4.0ℓV8ツインターボを選択することも可能になるかも知れない。このAMGエンジンは、500psから550psの間のパワーを持つもので、現行のAMG GTに使用されているもの。

DB11ヴォランテは、そのルーフの開閉メカニズムのためにクーペ・ボディのDB11よりは重量が増える。従って0-100km/h加速が3.9秒というタイムは若干増えるかも知れない。

ソフトトップはマルチ・レイヤーのファブリック製で、ノイズを抑える構造だという。また、そのサスペンション・セッティングは、クーペよりもほんの少しだけソフトなセッティングになっているという。

DB11ヴォランテは、今後5年間にリリースされるアストン マーティンのうちの1台。この他、V8ヴァンテージおよびヴァンキッシュのフル・モデルチェンジや、ラピードのEVモデルであるラピードEの登場。更には、2018年には初のクロスオーバー・モデルであるDBXの登場も控えている。



▶ 海外ニュース / アストン マーティンDB11ヴォランテを公開

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×