次世代のスモール・メルセデスのデザイン言語をプレビュー

公開 : 2017.01.27 04:50  更新 : 2017.06.01 00:30

メルセデス・ベンツはエステティックAとネーミングされたコンセプト・モデルを発表した。このエステティックAには、次期Aクラス、Bクラスに与えられるデザイン・キューがこめられている。

メルセデス・ベンツが発表したコンセプト・モデル、エステティックAは、次世代のスモール・メルセデスに使用されるデザイン言語で構成されたモデルだ。このデザイン言語は、AクラスやBクラスをはじめ、次の3年間にリリースされる最大8つのスモール・メルセデスに使われることになる。そのスモール・メルセデスは、Aクラス、Bクラスはもちろんのこと、CLA、CLAシューティング・ブレーク、そして最近フェイスリフトを受けたGLAなども含まれる。

現行モデルのような大きなエグリを持ちはっきりとしたラインが与えられたデザインから一転して、滑らかで円滑な表面となるのが大きな特徴。この新しい装いは、メルセデス・ベンツの既存の「官能的な純粋さ」を追求したデザインを更に発展させたもので、横置きエンジン・モデル専用のデザインとなる。

「余計な皺やラインが減らされることになる。このデザインを採用するのは非常に勇気のいることだ。」とメルセデス・ベンツのデザイン担当役員であるゴードン・ワーグナーは語っている。

現在のスモール・メルセデスに残っている前後を貫くラインも、廃止されるようだ。また、新しいラインナップがFWDや4WDであるにもかかわらず、RWDのような印象を受けるデザインを目指してるという。

更に、AMG GTに採用された垂直のバーを持つグリル、いわゆるパナメリカーナ・グリルが、今後小型のAMGモデルにも採用されることも明らかにした。

関連テーマ