メルセデス-AMG「プロジェクト・ワン」 今季F1のV6 + ツインモーターと発表

公開 : 2017.05.29 11:10  更新 : 2017.06.01 00:19

メルセデス-AMGの次期ハイパーカー「プロジェクト・ワン」のパワーユニットが明らかに。今季F1マシンのV6ターボ・エンジン + ツインモーターという構成です。公式資料とともにレポート。

プロジェクト・ワン 今季F1のV6ターボ搭載

メルセデス-AMGの次期ハイパーカーのパワートレインが、公式写真より明らかになった。コードネーム「プロジェクト・ワン」の名がついたこのモデルは、F1ゆずりのV6ターボ・エンジンと、ツイン・モーターという構成で開発が進んでいる。

・パワートレイン
エンジン:1.6ℓ V6ターボ(今季F1マシン搭載エンジン)
モータージェネレーター:MGU-KおよびMGU-H
トランスミッション:AMTギアボックス

エンジンは、今シーズンのF1マシン、「メルセデスW08 EQ Power+」のユニットを転用。それを公道用にチューニングし、MGU-KおよびMGU-Hモーター・ジェネレーター・ユニットを搭載する。

トランスミッションは、オートメイテッド・マニュアル・ギアボックス(AMT)で、F1マシンと同様にストラクチャの一部として機能する。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事