ホンダ、「ディーゼル叩き」の風潮に疑問視 FCV「究極の解決策」

公開 : 2018.01.30 21:10

ディーゼル肯定 FCVは「究極の解決策」

「議論をすすめる際、全体のシチュエーションを考慮に入れる必要があると思うのです。たとえばディーゼルは、長距離に向いています」

「ディーゼルには、まだ生き残る理由があるのです。経済性だって、それを証明していると思いませんか?」

「もちろんハイブリッド車やEVが注目されることは理解できます。が、毎日、どこでも使えるレベルで、なおかつ誰もが手にしやすい価格であることこそ、優れた解決策だと考えます」

一方でホンダは将来的に、FCVが究極の解決策であるとも考えている。

「『FCVのインフラがまだ整っていない』と言うのは簡単です。では、だれが整えなければならないのでしょう。整わなければ、少量生産にとどまります。整えば、希望があります」

「いま着手することで10〜15年後に『あのときホンダは正しいことをした』と思っていただけるでしょう。お金はかかります。時間もかかります。が、FCVが将来の理想的な解決策であると、強く感じています」

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事