ジュリア・クーペ投入か 「スプリント」名乗る? F1技術投入も アルファ・ロメオ

公開 : 2018.03.05 16:50

5ドア・ハッチ/ハイブリッド投入も?

エクステリア・パネルの前半部分はセダンからのキャリー・オーバーらしいが、リアのルーフライン、クオーターパネル、リア・シートへのアクセスを容易にするために大きくなったドアは別物である。

アルファはリア・シートの居住性改善に熱心なようだ。先代のGTモデルもクーペとしては文句のない居住性を備えており、そのため販売は好調だった。セダンとの差別化のため、ノーズのデザインも新しくなるかもしれない。

ジュリア・クーペの荷室は従来通りのようだが、アウディA5スポーツバックやBMW4シリーズ・グラン・クーペと戦うため、アルファは5ドア・ハッチ版も開発するかもしれない。広い層にアピールするためだ。

開発にあたってパッケージングにはかなり苦労しているようだ。モーター、制御システム、インバータ、バッテリー・パックをすべて収容しなければならず、バッテリー性能を維持するための液体クーリング・システムも必要になるかもしれない。ラ フェラーリのように。

高性能なハイブリッド車の発売によってさらに評判が高まるのは間違いない。将来的には、アルファが1960年代に謳歌したような技術的先進性のイメージを取り戻す助けとなるだろう。

関連テーマ

おすすめ記事